ステンレス製マキネッタのおすすめは嘘?【おいしいのはアルミ製】

マキネッタ
やまさん
やまさん

ステンレスのマキネッタも良い点はありますが、結論としてはIHでなければアルミ製のマキネッタがおすすめ。


マキネッタの材質には「 ステンレス製 」と「 アルミ製 」の2つが主流です。

どちらのマキネッタにもメリット・デメリットがあります・・・が。
元スターバックス店員&コーヒーコーディネーターがおすすめするのはアルミ製のマキネッタ。

今回は「 ステンレス製マキネッタの特徴 」と「 アルミ製マキネッタをおすすめする理由 」について紹介していきます。


やまさん
やまさん

IHに対応したマキネッタを探しているかたはこちらの記事をチェックしてみましょう。



ステンレス製マキネッタ【メリット】


やまさん
やまさん

ステンレス製マキネッタは以下のような特徴があげられます。


・サビにくい

・黒ずみができにくい

・汚れがつきにくい(くすみ等)

・金属臭がしにくいので慣らしが少なくて済む


ステンレスは材質変化がしにくいことから、サビや金属のくすみなどが起きにくいのが特徴で多少ズボラに扱っても金属が強いので変化が少なくキレイな状態を保つことができます。

また、新品のマキネッタを使い始めるには数回コーヒーを淹れて捨てるといった慣らしが必要です。(詳しくはこちら

アルミ製の場合ステンレスに比べて、使い始めの金属臭が気になるといった舌や嗅覚が敏感な方もいます。

使い込んでマキネッタが育っていけばどちらも金属臭は気になることがなくなるのであまり大きな問題にはなりません。


やまさん
やまさん

マキネッタは水ですすいで乾かすだけなのでアルミ製でも神経質になる必要もなく、手間も変わりません。


ステンレス製マキネッタ【デメリット】


やまさん
やまさん

金属としては優秀なステンレスですが、マキネッタではデメリットになる部分もあります。


値段が高くなる

ステンレス製マキネッタのひとつのデメリットは値段が高いこと。


*価格はブログ執筆時のもの


アルミ製は一番シンプルで人気の高いマキネッタを比較にしました。

ステンレス製は改めて調べてみると小さいサイズが少ない。
マキネッタは大きいサイズを買って、少量を淹れるといったことができないので高価なことに加えて、小さいサイズの選択肢がないのもデメリットになりそうです。

熱伝導率が下がる

ステンレス製のマキネッタはアルミ製と比べて熱伝導率が下がります。

マキネッタやエスプレッソは短時間で圧力をかけて抽出することで、コーヒー豆のうまみをギュッと出すのが醍醐味。

しかし、抽出にかかる時間が長くなると雑味まで出てしまいますので気にしたいところですね。


ステンレスよりもアルミのマキネッタがおすすめ


やまさん
やまさん

今度はアルミ製のマキネッタと比較して見てみましょう。

抽出が早く雑味が出にくい

先ほど熱伝導率の話をしましたが、アルミ製の方が熱伝導率が高いので早くコーヒーを淹れることができます。

コーヒーは抽出に時間をかけるとうまみだけでなく雑味も出てしまい、マキネッタやエスプレッソのように細く豆を挽くとその影響は強くなります。

そのためマキネッタはなるべく早く抽出を完了させることでおいしいコーヒーを楽しむことができるのです。

値段が安くバリエーションが多い

ステンレス製のマキネッタはカップ数を選ぶのに苦労します。

しかし先ほども出てきたBIALETTI 直火式 モカエキスプレスは大小さまざまに、1カップから18カップまでとラインナップが非常に豊富。

マキネッタは大は小を兼ねないので一番使う機会の多いカップ数を選ぶ必要がありますので、選択肢の幅が広くて価格の安いアルミ製は選びやすいですね。


失敗しないマキネッタ選びはこちら

やまさん
やまさん

IHで使う以外ならステンレス製のマキネッタはおすすめしないというのが結論です。


やまさん
やまさん

おすすめのマキネッタについても紹介しているので、ステンレス製以外も検討している方は読んでおくと失敗しないですみますよ!

タイトルとURLをコピーしました